少女時代、米ビルボードチャート入り...ワールドアルバム2位デビュー

dafnjk.jpg


少女時代がアメリカのビルボードチャートにランクインされた。

去る17日にヒット曲「The Boys」が収録されたスペシャルアルバムをアメリカ、カナダ、フランス、イギリス等アメリカ州やヨーロッパ地域に発売した少女時代は、アメリカのビルボードチャートに堂々とランクインした。

少女時代の正規3集の収録曲と「The Boys」の韓国語と英語のリミックスバージョンが入ったこのアルバムは、ビルボードの2月4日付のチャート中Heatseekers Albums部門で22位となった。

「Heatseekers Albums」チャートとは、ビルボードに初参入する新人アーティストの中でNielsen Sound Scanの統計を通し、最近最も熱い反応を得ているアルバムを集計、発表したチャートだ。少女時代はチャートに名前を上げ、アメリカ市場に進出した数多くの新人アーティストの中、その可能性を認められた。

少女時代の「The Boys」はワールドチャートでも2位にランクインした。少女時代はまだ正式に現地活動を繰り広げる前でもあるが、アメリカで活動する全世界のミュージシャン達を相手に意味のある成果を収めた。

ビルボードのアルバムメインチャートである「ビルボード200」にランクインしたということでは無いにしても、ただの一度もアメリカでのプロモーション活動もなく成し遂げた結果であるだけに、注目に値するという評価だ。特に今月末にアメリカの人気トークショーへの出演も控えていて、現地活動は更に弾みがつく見通しだ。

2012012909102279888.jpg
2月4日付の米ビルボードワールドチャート(上)と、ヒートシーカーズチャート


少女時代の今回のアルバムは、アメリカ・ヨーロッパ進出を正式に知らせるアルバムだ。現地アメリカでマキシシングルを公開したのに続き、アメリカ・ヨーロッパ地域を正面から攻略したCDを続けて発売しているだけに、彼女達の成果にも大きな関心が集まった。先立って公開されたマキシシングルは、アメリカiTunesの122位にランクインした。

特に何の現地プロモーションもなく収めた異例的な成果だ。洗練された音楽と群舞等、k-pop特有の魅力を現地アメリカでも大きく感じる今、少女時代の現地進出は大きな注目を集めるものと期待されている。ここにプロデュースを引き受けたTeddy RileyとSnoop Doggという超大物の参加も話題になった。

少女時代は31日(現地時間)アメリカCBSの看板トークショー「The Late Show With David Letterman」に出演するのに続き、2月1日にはABCの人気トークショー「LIVE! with Kelly」に出演し、全世界のファンの注目を集める。




Source + Photos: naver
文字を大きく・小さく
    最新記事
    iTunes

    記事ランキング
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR