Super Juniorイトゥク、「仕事中毒」

2012012801001701800151361.jpg


Super Juniorのイトゥクが「仕事中毒」であることを告白した。

イトゥクは28日自身のTwitterに、「仕事中毒、これ治す方法何があるかなあ?思ったより酷いみたいでなんか狂いそう。休んだら欝になる 狂いそう 旅行でも行こうか、海見に」という文を載せた。そして、「ワーカーホリックは大部分が若く未婚で、家族や友人を遠ざける傾向がある。彼らは、家庭よりもオフィスに愛着を持っているので余暇もオフィスで過ごす」と心理学者の言葉を引用したりした。

「ワーカーホリック」とも呼ばれる仕事中毒は、ただ仕事だけが精神的な支えになる状態を指す言葉だ。 1週間に60時間以上働く人々のほとんどがここに属する。仕事自体がプライドの元であるため、ひたすら仕事に依存する傾向が強く、休暇や休息を取った時に禁断症状が現れる。仕事中毒症自体が精神科の病気ではないが、仕事について断れないため、過労とストレスに苦しめられるようになる。

実際にイトゥクはSuper JuniorのCDプロモーション活動はもちろん、SBS「Star King」「強心臓」等の芸能番組と「Super JuniorのKiss the Radio」のDJとして活躍し忙しい日程を消化してきた。このような中、仕事中毒症状を訴えた。

ネットでは「もう少し気楽にしてみて」「見てもらったらどうか」等イトゥクを心配する意見が見られる。

Source + Photo: sports chosun

文字を大きく・小さく
    最新記事
    iTunes

    記事ランキング
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR