ショーケース後の一問一答

120331_rickbd4.jpg


<記事一部抜粋>

EXO-KはKOREAのK、EXO-MはMANDARINのMを付けて作られた名前であり、韓国と中華圏をはじめグローバルな舞台に進出する予定だ。

以下はショーケース終了直後にEXOのメンバーが答えた一問一答です。

-初めてのショーケースを開いた感想は?

スホ:とても緊張したしドキドキした。今日を皮切りに多くのファンに出会うだろうし、更に頑張って素敵なパフォーマンスをお見せできるよう努力する。



-練習しながら一番大変だった点は何か?

スホ:これまではオンラインのティーザーを通してファンに出会ってきたと言うならば、今日の舞台は直接観客と向き合う場だった。ものすごく緊張してプレッシャーが大きかった。

ペクヒョン:メンバーが12人だと団体レッスンの時、振り付けの一つ一つの形を合わせていくのが大変だった。



-最初のティーザーが出てからデビュー迄100日かかったが、その間どうだったか?

スホ:直接観客と交流できなくて残念だったが、オンライン上で世界中のファンに僕達のことを知ってもらえたことが、幸せだったし楽しかった。(他の記事によると、オンラインを通じてファンの反応を見ていたそうです。)

クリス:長い時間だった。最初は興奮したし楽しかったけど、その期間が長くなるにつれ不安な気持ちもあった。ファンが僕達をどう思っているのか、歌への反応はどうなのか気になっていた。でもショーケースの日が近付くほどに、もっと素敵な姿を見てもらえるよう一生懸命努力した。



-同じ曲でチームを分けて韓国と中国でそれぞれ活動するが、お互いに競争意識が形成されはしなかったか。

スホ:韓国と中国で同時に同じ曲で言語だけ変えてデビューするということが画期的だと思う。これまで無かった新しいやり方でファンに出会えることができ、嬉しくてワクワクする。チーム間ではお互いをチェックして良くない習慣を指摘し合いながら、良い意味での競争をしている。



-アイドルグループの洪水という言葉があるくらい沢山のアイドルがデビューするが、EXOだけの強みは何か?

チャニョル:一つの歌を中国語、韓国語バージョンで歌うというのが僕達の一番最大の長所であり武器だと思う。それだけに更に多くのファンを抱えることができるから。

クリス:韓国人と中国人が一つのチームになるということだけでも特別だと思う。



-デビュー前に先輩達に多くのアドバイスを貰ったと思うが記憶に残る言葉は何か?

スホ:イトゥク先輩がいつも良い話を沢山してくれる。リーダーが持つべき資質やチームワークについてのアドバイスを聞いた。

ベクヒョン:イトゥク先輩が言った一番記憶に残るアドバイスは 「一丸となり団結しろ」だ。人は時間が経てば誰でも変わっていくものだが、初心を忘れずにこの先ずっと団結していけという意味で言ってくれた言葉のようだ。

クリス:東方神起のユンホ先輩を思い出す。振り付けの練習を手伝ってくれたし、ダンスについて沢山のことを教えてくれた。



-タイトル曲の『MAMA』を聞いた時の感じは?

スホ:3ヶ月前にこの曲を聞いた。壮大なイメージを感じ、多くの人々の胸を打つことができるだろうと思った。パフォーマンス的にも多くのものをお見せできそうだ。



-二つのチームに分けて企画されたというのは特異なことだが、メンバーを交代して活動はしないのか?

スホ:特別な舞台では12人が一緒に活動できるし、メンバー別に分かれてユニット活動もできる新しい概念のチームだ。色々な形に変化できる点が新しい。



-会いたい先輩は?

ベクヒョン:イトゥク先輩だった。ウィットに富んでいてトークが上手く、学ぶべき点が多いと思う。先輩が出演中の強心臓にも出てみたい。

チャニョル:『ランニングマン』に出演してユ・ジェソク先輩をはじめ、多くの先輩に会いたい。バラエティーについても沢山勉強して面白い番組をやってみたい。

カイ:音楽の舞台にユノ・ユンホ先輩と一緒に立ちたい。先輩の格好良いパフォーマンスとカリスマをその場で感じたい。



-これからの意気込みは?

スホ:座右の銘は『貰うことより与える訓練』だ。ファンから愛を貰うばかりではなく、奉仕活動のようなものを通じて分かち合いを自ら実践したい。

クリス:良い音楽を作って全世界にEXOの歌を聞いてもらうことが僕達の夢であり目標だ。

Source + Photo: kuki news




以下はstar todayの記事 一部抜粋



▲練習過程の中で一番大変だったことは?

-メンバーが12人だと団体レッスンの時、振り付けの一つ一つの形を合わせていくのが大変だった。また、両親のことを沢山思い浮かべた。



▲EXOの目標は何か?

- 韓国、中国だけでなく、世界中へ僕達の音楽を知らせることだ。後には先輩達と同じ舞台に並んで立ち公演をしてみたい。先輩達と肩を並べて舞台に立ってみたいと思った。



▲メンバー数が多いがチームワーク維持の秘訣は何か?

-週の土曜日の夜ごとに家族会議をしている。EXO-Mとはしょっちゅう話ができないので、EXO-Mのリーダーのクリスと常に話を交わしている。

文字を大きく・小さく
    最新記事
    iTunes

    記事ランキング
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR