SM所属EXO、100日目にベールを脱いだ・・・3000人熱狂

201203311733773532_2.jpg


SMエンタテインメントの野心作である新人グループEXOがデビューショーケースを開き、大型グループの誕生を予告した。

12人で構成されるEXOは、31日ソウルオリンピック公園オリンピックホールで開かれたデビューショーケースで3000人余りのファンの熱狂的な歓声を受けて、歌謡界への第一歩を踏み出した。最初のティーザーが公開されて100日目だ。

彼らは『準備された新人』とはこういうものだと示すかのように、メンバー別の様々なユニットの舞台と強烈なパフォーマンスで目を釘付けにした。昨年末から進められてきたティーザーマーケティングで既に心を奪われた3000人余りのファンの歓声は、大型グループのカムバックの舞台に引けを取らなかった。この日の公演には新人グループとしては異例の8000名が観覧の申し込みをし、この中から抽選によって3000名が招待された。

太陽系外惑星から少年達が到着する映像で幕を開けたショーケースは、メンバーがパワフルなダンスを見せつけ 『HISTORY』へと続き、カイのパフォーマンス、タオの武術パフォーマンス、レイ-ルハン-シウミンのパフォーマンスが次々と披露された。

歌の実力も侮れなかった。ルハンとチェンは『Baby Don't cry』ベクヒョンとD.O.は『What is love』を歌い高音域を見せつけた。続いてカイとレイが新曲『Two Moons』で息の合ったパフォーマンスを披露し、またセフン、ルハンと続けてステージを飾った。

彼らは今迄の幼い感じのボーイズグループとは異なるパワフルで男性的な魅力を強く強調したパフォーマンスで、新しいタイプの美男子グループとしてアピールした。

メンバーは 「今後世界のどこであっても僕達を望むファンがいれば駆けつける」と覚悟を明らかにした。この日の司会を引き受けて愉快な話術を見せたイトゥクは「僕達Super Juniorもデビューする時に東方神起に沢山助けられたから、僕も力になりたくてここへ来た。だけどむしろ僕の方が情熱や覇気を教えられた気がする」と話した。

彼らが最後に公開したデビュー曲『MAMA』は壮大なイントロダクションに、メンバーの高音とカリスマが引き立つ重量感の感じられるダンス曲であった。

EXOは韓国で活動をするEXO-Kと中華圏で活動をするEXO-Mに分けられる。この日のショーケースに続き、4月1日には中国・北京の対外経済貿易大学大劇場でショーケースを開く。

EXO-Kは、スホ、カイ、チャニョル、セフン、ベクヒョン、D.O.で構成され、EXO-Mは、クリス、ルハン、レイ、タオ、シウミン、チェンで構成される。彼らはそれぞれ2006年から2011年にかけてSMキャスティングシステムによってSMに入り練習生生活を送ってきた。デビュー曲『MAMA』は4月9日に公開される。

Source + Photo: osen via naver
文字を大きく・小さく
    最新記事
    iTunes

    記事ランキング
    カテゴリ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR